designing LIFE

大分在住の元銀行員なぴです。趣味のキャンプとコーヒーを中心に色々なジャンルで読者の方に少しでも役立つ情報をお届けできれば幸いです。

キャンプデビューにも、買換えにもおすすめの最強テント!スノーピーク「アメニティードームM」

アウトドア用品店に行くと様々なメーカーのたくさんのテントがありますよね。金額も決して安くはないですし、せっかく買うのだから間違いないテントがいいと思います。僕もアマゾン等で安いテントを色々試してみた時期があるのですが、結局安物買いの銭失いになってしまい…最終的に今はスノーピーク社のアメニティードームMを使っています。本日はもはやキャンプの定番テントにもなっているこのアメニティードーム、通称アメドをご紹介したいと思います。

 

f:id:niwatori-napi:20190607115111j:plain

 

アメニティードームの魅力

  1. 初心者でも簡単に設営できる親切設計
  2. 随所に散りばめられたこだわり
  3. オールシーズン戦える居住性
  4. コストパフォーマンスの高さ

1.初心者でも簡単に設営できる親切設計

キャンプの敷居を高くしていることの一つにテントの設営が難しそう、っていう意見をよく耳にします。確かに、何本もポールがあって、それをどう組み合わせていいのかわかりにくいこともしばしばあります。

ですが、アメニティードームならそんな心配はまったくありません!

f:id:niwatori-napi:20190607114515j:plain

なぜかと言うと写真にもあるように、アメニティードームにはポールとテントにオレンジやグリーンのガイドカラーがついているため、色に合わせたポールを通せばいいだけなので設営がとても簡単です。僕が初めて設営したときも妻と2人で約20分くらいでできたので、すごく簡単だと思います。

2.随所に散りばめられたこだわり

 特にポール。接合部分にまったくグラつきがなく、ぴったりと合わさっている質の高いものになっています。素材もジェラルミンを使用しているので、軽くそれでいて丈夫なので風の強い日にもまったく問題なくテントを支えてくれます。

3.オールシーズン戦える居住性

キャンプと言えば春・夏の2シーズンのイメージですが、僕としてはこのシーズンはどうしても人が多いので少しでも人の少ない秋・冬に比重を置いていました。ただ、やっぱり寒いもんは寒いんです。このテントは厚手のポリを使用しているので、冬の北風からもしっかり守ってくれます。また生地に加え撥水加工も高い水準で行われているので多少の雨風にはびくともしない居住性の高さです。

4.コストパフォーマンスの高さ

スノーピークは言わずと知れた日本を代表するアウトドアメーカーですね。おしゃれなデザインのキャンプギアを多く製造しており、根強いファンも多いメーカーですが少しお値段が高いためなかなか手を出せない人もいるはず。そんなスノーピークにおいて、アメニティードームはそのエントリーモデルでもあるためか、お値段もかなりお得になっています。上記の内容も踏まえて4万円前後であれば、満足度の高いテントだと思います。

サイズに迷ったらMにしておこう

さて、それじゃあアメニティードームを買おう!と思い立ったはいいものの、実はアメニティードームにはサイズが3種類、S/M/Lあるため、じゃあどのサイズにしたらいいんだ…と思われる方もいるはず。ざっくりしたイメージは以下です。

  • S → ソロ・デュオ向け、他社テント・タープとシンデレラフィット
  • M → デュオ・ファミリー向け、定番
  • L → ファミリー向け、天井高め

僕もどのサイズにしようかすごく悩みました。僕の基本スタイルは妻との2人キャンプなので、SかMで悩みました。本来2人であればSサイズでも十分事足りるかと思います。しかも、Sサイズのフライシートは外した状態のインナーテント単体は他社のテントやタープを使った際の寝室部分としてシンデレラフィットする、という数多ものキャンパーの支持を得ている点からもSサイズが一番望ましいのでは、と考えていました。

しかし、僕らは最終的にMサイズにしました。

それはなぜかというと、MサイズはSサイズに比べて、前室部分の奥行が約50cm広く、インナーテントの高さも30cm広いと居住性が高いからです。サイズが大きいから当然といえば当然です。ですが、意外とこの差は大きく、前室の奥行が50cm変われば荷物の配置に幅が広がるほか、フライヤーシートをタープ状態にした際、追加のタープ不要で、アメニティードーム単体でも十分に2人で過ごすことができます。

f:id:niwatori-napi:20190607114513j:plain


写真のように椅子を二つ並べて過ごすことができるので、快適性はグンと上がります。

 

また、インナーテントの高さはS120cm→M150cmとなり、中に入るときには中腰ではあるものの、かなり楽になります。インナーテントに入るのは寝るときくらいとは言え、少しでも快適になるならそっちの方がいいと思います。

 

ということで、もしサイズに迷ったらMサイズを買うことをおすすめします。

 

人と被ることは多め、それでもやっぱりおすすめ!

ここで一つ問題点。最強にして定番であるからこそ、人と被ってしまうことは確かに多い。キャンプ場にいけば、少なくとも3張は見つけてしまいます。ただし、それはやはり品質・コスパの高さ故だと思います。オールシーズン使用でき、前室はタープとしても使える等高コスパであるこのテントはむしろ一家に一張置くべき最強テントだと思います!

 

以上、スノーピークのアメニティードームのご紹介でした。

ぜひキャンプデビューの最初の一張にされてみてはいかがでしょうか?

 

ご精読いただきありがとうございました。