designing LIFE

大分在住の元銀行員なぴです。趣味のキャンプとコーヒーを中心に色々なジャンルで読者の方に少しでも役立つ情報をお届けできれば幸いです。

【ダイソー】火吹き棒は自作の時代!100円で本格的な火吹棒を作る!

みなさんおなじみのダイソー、最近はアウトドアコーナーもできていたりして100均もアウトドアブームに合わせておりお得なアイテムが増えていますね。

しかし、今回はアウトドアと関係のないアイテムを使って、もはやキャンプに必須と言える火吹き棒(ファイヤーブラスター)を作りたいと思います!

 

 

火吹き棒(ファイヤーブラスター)って何?

火吹き棒(別名:ファイヤーブラスター)はその名のとおり、火起こしの際に効率的に火力を上げるためのストローのようなものです。人の肺活量を使って空気を吹き込むようにして使います。

焚き火やバーベキューの火起こしをする際に、効率的に薪や炭を燃焼させるには空気を送り込んであげることで、酸素を火種に火はより大きくなります。

空気を送る方法としては一般的にはうちわだったり、最近だと送風機という小型の扇風機のような便利アイテムも生まれていますが、火吹き棒の場合だと空気を強く細く、一点集中して送ることができるので、火力を簡単にあげることができます。

焚き火台がキャンプのマストアイテムとなりつつある昨今においては、火吹き棒も同様にマストアイテムになっていると思います!なにより、焚き火を前に火吹き棒を持って火を育てる姿はなんとも渋くてかっこいいと思っています。

 

 

思った以上に買うと高い…

ところがさすがアウトドアグッズといったところでしょうか、有名メーカーのものになると3~4千円します。

火吹き棒で火起こしが便利になるとはいえ、少しでも安く抑えてその差額で美味しいお肉でも買った方が幸せになれる気がしますよね!

そこで今回はダイソー商品を使って原価100円、工具込みでも200円でサクッと火吹き棒を作りたいと思います!

 

ダイソーの指示棒を使って火吹き棒を作る!

用意するものはこちらです。

f:id:niwatori-napi:20190608124434j:plain

いずれもダイソーに売っている100円商品です。これだけで火吹き棒を作ることができます。

 

作業は簡単です。お気づきの方もいらっしゃるかた思います、そうです、先端の赤い部分がついてる先端を切り落とすだけです!

作業時間にして3分、ダイソーの指示棒は伸縮可能な火吹き棒へと姿を変えてしまいました。

ただし、注意点があるので以下に記載します。

 

f:id:niwatori-napi:20190608124442j:plain

この指示棒は比較的しっかりした作りになっていて、素材もステンレスなので強度のうえでは問題ないと思います。

ただ、その分人力で先端をむりやり切り落とすのでじわりじわりとニッパーに挟んだ状態で指示棒を回しながら、削り落とすように切断してください。僕みたいに切り落とすことに全力を注ぐと写真のように切断面が歪んでしまって、切断面で怪我をしてしまう可能性があるのでとても危険です。

もし丁寧にやっても切断面がささくれ立ってしまった、ということがあれば、金属用のヤスリでささくれ部分を磨けばきれいな形になるので、切断面が歪んだから失敗というわけではないので、そこはご安心ください。ちなみに金属用のやすりもダイソーに売っているので、もし不安な方は最初に合わせて買っておくといいかもしれません。

ちなみに指示棒の上の部分はボールペンのように引っ掛けることができるようにフックがついていますが、これはネジでくっついているだけなので、簡単に外すことができます。

 

火吹き棒を使う際の注意点

火を扱うということで注意は怠らないようにお願いします。特に、火吹き棒を使うとどうしても火との距離感が近くなってしまうので、少なくとも火吹き棒は最大限伸ばし、火が燃え移りにくい服装等には心がけてください。

また、あくまで火吹き棒hあくまで空気を送り込む器具なので、空気を吸うときにはきちんと口を棒から外して行い、火吹き棒を口につけたまま空気を吸わないようにしてください。熱風や灰を吸い込んでキャンプどころじゃなくなるとせっかくの楽しい思い出が辛いものになってしまうので、くれぐれも注意をよろしくお願いします。

 

100均を駆使して、キャンプをよりお得に楽しもう♪

今回はダイソーアイテムを使ったキャンプギア作成でした。火吹き棒の有無で焚き火やバーベキューの火起こしの効率さは抜群に上がりますよ!

お手軽なのでぜひ試してみてください♪

 

ご精読ありがとうございました。