designing LIFE

大分在住の元銀行員なぴです。趣味のキャンプとコーヒーを中心に色々なジャンルで読者の方に少しでも役立つ情報をお届けできれば幸いです。

【山梨】千円札で有名な浩庵キャンプ場!湖畔サイトを狙うなら10時前に受付を!

キャンプ場は数あれど、富士山を眺めながらくつろげるところはエリアが限られてきます。今回は千円札の絵柄でも有名な本栖湖にある浩庵キャンプ場をご紹介したいと思います。

 

f:id:niwatori-napi:20190623132153j:plain

 

浩庵キャンプ場とは?

住所:山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926

料金:600円/人(中学生以上) 300円/人(小学生以上)

   1,000円/テント1張 1,000円/車1台 300円/バイク1台

   ※キャンプサイトについて記載

サイト:フリーサイト

チェックイン:8時  チェックアウト:10時

設備:売店、炊事場、トイレ、お風呂(別途500円/人)

備考:音楽NG、遊泳禁止

 

富士五湖の一つである本栖湖にあるキャンプ場の一つです。富士五湖はその立地から数多くのキャンプ場があり、日本でも有数のキャンプエリアです。ここ浩庵キャンプ場は富士山を展望できる湖畔サイトと林間サイト、キャビンのサイトに分かれています。

 

千円札・旧五千円札の絵柄の場所

なんといってもこのキャンプ場の見所は富士山と本栖湖に映った逆さ富士、いわゆるダイヤモンド富士ですよね!

現千円札・旧五千円札の絵柄にも採用されているこの絶景は生で見てこそ、その感動を得られるもの。天気が良く、風の弱いタイミングと条件は厳しいですが、比較的見頃は夜明け後すぐ4~5時の時間帯。空気も済んでいて、雲少ないので綺麗な富士山を見ることができる可能性はぐんとあがります。せっかくなので少し早起きしてみてはいかがでしょうか?

f:id:niwatori-napi:20190623132204j:plain

値段は比較的低め。でも設備はしっかり!

周辺キャンプ場では大人2人で5,000円を超えるところが多いなか、浩庵キャンプ場では3,000円台でキャンプができるのでかなりお得だと思います。

売店には炭・ガスボンベ等のキャンプ必需品や軽食のほか、当キャンプ場が舞台になった漫画のグッズも売っていたりと賑やかです。レストランも併設されているので地元のほうとう等も楽しむことができます。

トイレや炊事場は一般的なキャンプ場と同じレベルだと思います。トイレはきちんと掃除されているので不快な点はありません。

お風呂はキャンプ場受付のあるセントラルロッジ隣の民宿のものを利用させてもらえます。20時までが受付時間で、キャンプの時と同様、受付で一人当たり500円支払って利用します。20時前に受付が済んでいれば20時を過ぎても入浴可能です。浴槽が3畳くらいのお風呂なのであまり大人数で入ることはできないので、団体キャンパーの方は時間を分けた方がいいと思います。また、キャンプサイトからセントラルロッジまでは街灯もなく、意外と道のりが長くて勾配も急な上り坂になっているため、もし時間に余裕があるなら車で一旦セントラルロッジまで登った方が体力的には楽かと思います。※キャンプ場への車出入口は20時に施錠されてしまうので、早めの時間にお風呂に入ることを推奨します。

湖畔サイトを狙うなら10時前が熱い!

立派な富士山を眺めつつ、水面に映る富士山も見ながらのキャンプは至高のひとときです。せっかく行くなら湖畔エリアでのキャンプをおすすめしますが、やはり競争は熾烈。聞くところによると土曜日は8時前にはエリア確保のために車の列ができるほどの競争が起きているとのこと。キャンプサイトは予約ができないため仕方がないところはありますが、できるなら少しでも高い確率で湖畔エリアを確保したいですよね。

僕のおすすめ時間は10時前には受付を済ませ、湖畔サイトに入っておくこと!

チェックインとチェックアウトの時間に2時間のラグがあるため、10時まで前日の宿泊者の方が残っています。そのためあまり早めに受付を済ましてしまうと、その日にチェックアウトする人との区別がつかなくなってしまうので、10時前にサイトに行って、撤収作業中の人に次ここ使わせてくれ、と一言話しておくといいと思います。もちろん撤収を急かすようなことは言ってはいけませんよ!あくまでマナーを守って場所の確保をお願いします。

湖畔サイトの注意点

意外と広い浩庵キャンプ場。湖畔サイトからトイレや炊事棟のある林間エリアまで行くには少し距離があります。湖畔サイトも広く端の方にもなればトイレまで歩いて5分以上かかるところもあるのでご注意。

また、湖畔サイトは端に行くにつれて陸地が狭くなっていきます。四駆でない一般車両等はあまり深入りするとスタックする可能性が高いです。

地盤が少し緩いのでペグは長めのものが吉 

湖畔サイトは砂利になっており、ペグの刺さりは申し分ありません。一方で砂利であるがゆえ、また湖畔であるがゆえ、少し地盤が緩くなっているのでペグは安全面を考慮して28cm以上のものがいいと思います。

ちなみに僕がキャンプをした間、テントに付属している18cmペグは何度か抜ける場面がありましたが、28cmのエリッゼステークは強風にもびくともしなかったので、今回は推奨28cmとさせていただきました。

 

富士の絶景を眺めながら最高のひとときを過ごしてみては?

今回は山梨県の浩庵キャンプ場の紹介でした。日本を代表する富士山を眺めながらするキャンプはなんとも贅沢ですね!近年はアニメの舞台になったことで良いサイトの確保には競争が熾烈になっていますが、日本人ならぜひ一度訪れて欲しいキャンプ場でした。

 

ご精読ありがとうございました。