designing LIFE

大分在住の元銀行員なぴです。趣味のキャンプとコーヒーを中心に色々なジャンルで読者の方に少しでも役立つ情報をお届けできれば幸いです。

【南小国】蔵迫温泉オートヴィレッジさくらはあの有名人も訪れた絶景キャンプ場!

僕は九州のキャンプ場では小国・久住のエリアが大好きです。このエリアは阿蘇・久住の山々に囲まれた自然豊かな土壌を有しており、その場所柄標高も高く夏場でも比較的涼しいうえ、地下水脈を利用した温泉が数多いことから、快適に過ごすことのできるキャンプ場が多くあります。

そんななか今回はあのキャンプ芸人のヒロシも泊まったことのある蔵迫温泉オートヴィレッジさくらをご紹介したいと思います。

 

 

蔵迫温泉オートヴィレッジさくらとは

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2849ー1

サイト:オートサイト

料金:900円/人(中学生以上) 600円/人(小学生まで)

   2,000円/台(車・一区画) 1,500円/台(バイク・一区画)

チェックイン:13時~  チェックアウト:11時

設備:売店、炊事場、トイレ、温泉

備考:直火NG、カード利用可

f:id:niwatori-napi:20181113001725j:plain

アクセスは高速道路を使って、僕の住む大分市内からだと車で1時間半、福岡市内からだと2時間半、熊本市内から1時間半くらいを見ていただくといいと思います。当キャンプ場に到着する30分前くらいからはやまなみハイウェイやミルクロードといった阿蘇・久住の山々を眺めながら走る絶景地帯に入るので到着までのドライブもとても楽しいものになると思いますよ。

 

全サイトオートサイトで場所取り不要のらくらくチェックイン

全エリア予約必須のオートサイトになっています。6カ月先まで予約できるので絶景ポイントを抑えるなら早めの予約が吉。阿蘇エリア・久住エリアと大きく二分できますが、個人的なおすすめは阿蘇エリア。阿蘇エリアの方が、キャンプサイト全体が広く作られているので全体的に開放感があります。反対に久住エリアは少し窮屈さを感じるものの、阿蘇エリアよりも施設棟に近いので、利便性は高いです。ただ、施設棟の隣にはバンガローが併設されてあり、バンガローのお客様は比較的団体の方が多くにぎやかになっているので、静かにキャンプを楽しみたい方は阿蘇エリアを選んでおくと無難と思われます。

キャンプ芸人のヒロシも宿泊したキャンプ場

最近キャンパー芸人ユーチューバーとしての活動も目立つヒロシさんもユーチューブの企画でこちらのキャンプ場に宿泊しております。ヒロシさんが宿泊した場所は阿蘇エリアの施設棟から見て左側にあります。木々に囲まれた場所で木陰の気持ちいい場所になっているので、とても過ごしやすい場所です。

温泉で全身リラックス

忘れてはいけないのが温泉の存在。源泉かけ流しの露店風呂があるので疲れた体を癒すこと間違いなし。設備回りも綺麗に手をかけられているのでトイレ等もストレスなく使うことができると思います。どうしても屋外トイレが気になるという方は温泉の脱衣場にも室内のトイレがあるのでそこが一番きれいかと思います。もちろん節度をもってご利用くださいませ。

阿蘇と久住の両方の絶景を拝むことのできる大パノラマ

ここの景観は他のキャンプ場にはない大絶景を見ることができます。キャンプ場の位置がちょうど山の先端部分に位置しており、左を向くと九重連山が、右を向くと阿蘇の山々が広がっており、九州の大パノラマを贅沢にも広い角度で楽しむことができます。また近隣の牧場で飼育されている馬や牛が時たま近くまで来ていることがあるのでそういった動物に会うことができるかも。

10月以降は冷え込みに注意

場所柄夏場はとても快適に過ごすことができますが、標高の高い位置にあるので夏場でも夜は人によってはブランケットがあったほうが快適に過ごせるかと思います。特に10月以降は夕方以降は急激に冷え込むので、防寒には念を入れて装備を整えて下さい。

九州の大パノラマで非日常を味わおう

今回は蔵迫温泉さくらをご紹介しました。お値段が安いことはもちろん、設備・温泉・星空・大絶景とアウトドアの醍醐味がつまりに詰まった名キャンプ場でした。

ヒロシが宿泊した木のスポットは予約殺到間違いなしなので、ぜひとも早めに予約して、その大絶景を独り占めしてみてはいかがでしょうか?

 

ご精読ありがとうございました。