designing LIFE

大分在住の元銀行員なぴです。趣味のキャンプとコーヒーを中心に色々なジャンルで読者の方に少しでも役立つ情報をお届けできれば幸いです。

話題の飯盒「トランギアラージメスティン」を使って美味しいお米を2合炊く!

キャンプに行ったら美味しいお米を炊きたてで食べたいものですよね!

僕はこれまで極力キャンプ場での炊事を避けるため、あらかじめご飯を炊き、おにぎりを作ってキャンプをしていました。

でも、やっぱり炊きたてほかほかのご飯が食べたいなーと思ってしまうのです。

そこで、本日はトランギア社の"ラージ"メスティンを使った美味しいお米の炊き方についてお話したいと思います!

 

f:id:niwatori-napi:20190609132027p:plain

 

 

どうしてラージメスティンを使うの?

巷で話題沸騰のメスティン。一時期はその人気っぷりからプレミア価格がつくほどでした。そんなメスティンには通常サイズのほかにラージサイズメスティンが存在します。一回りほどサイズが違い、炊ける量としてはほぼ倍のサイズ。

通常メスティン → 最大1.8合 17cm x 9.5cm x 6.2cm

ラージメスティン → 最大3.5合 20.7cm x 13.5cm x 7cm

僕は普段夫婦でのデュオキャンプをしているので、通常サイズでも問題はないんですが、メスティンの用途は幅が広く、ただお米を炊くだけではなく、燻製や料理もできる、というところで、2人分の料理をするには通常サイズでは心もとなかった、ということでラージサイズにしました。結果としては2人分のお米や料理をする際にはラージサイズでよかったと思っています。

 

美味しく2合を炊く方法

ラージメスティンでお米を炊く方法はとても簡単です。吸水30分(出発前にやっておくと吉)、火入れ20分、蒸らし10分のトータル1時間前後で美味しいお米が炊けます。

必要なものは以下の通りです。

  • ラージメスティン
  • お米 2合
  • お水 360ml
  • 普段ご使用のガスコンロ
  • 保温が可能なもの(ブランケットや保温パックなど)

 

1.吸水させる(30分)

ラージメスティンに研いだお米2合とお水360mlを入れて蓋をし30分放置します。水の分量は1合あたり180mlですので、1合、3合炊く場合も180mlずつ調整していください。吸水は美味しさを決定づけるうえで一番大事な工程です。後々のふっくらとした食感に直接響くのでしっかり行って欲しいです。

吸水時間は長くなる分には全然問題ないので、30分以上できていれば大丈夫です。

吸水過程が一番時間がかかるので、吸水は事前からしこんでおくのがいいと思います。僕は出発前にジップロックに水と研いだお米を入れて、蓋がしっかりしまっていることを確認して、メスティンの中に入れて持って行っています。吸水作業を事前にやっておくことでキャンプ場に着いてからの工程がぐんと短くなるのでおすすめです。

 

2.火をかける(20分)

ラージメスティンをコンロの上に置き火にかけます。よく炊飯の心構えとして"はじめちょろちょろなかぱっぱ"と言いますが、メスティン炊飯においてはずっと弱火で大丈夫です。時折中が混ざるように揺らしながら沸騰するのを待ちます。揺らさなくてもちゃんと炊けるは炊けるんですが、ムラなく炊くために5分毎くらいにするといいと思います。たまに蓋を開けて箸で混ぜる、というやり方を見かけますが、温度が下がるので個人的には推奨しません。

 

よく固形燃料を使った炊飯方法を見かけますが、個人的にはバーナーやコンロを使った方が美味しく炊けると思います。理由は単純に火力が安定しているからです。固形燃料は燃焼が進むにつれ、

 

沸騰してくると次第に湯気がでてくる、もしくはパチパチという音がしてくると思います。どちらの合図でも構わないのでそこで火を止めます。

 

3.蒸らす(10分)

火を止めたら、ブランケット等でメスティンを包み、裏返して10分程度蒸らします。ブランケットなどで包むのは温度が下がらないようにするためなので、もしお手元にお弁当等を入れる保温パックがあればそれで大丈夫です。

 

蒸らし作業が終わると美味しいほかほかご飯の出来上がりです!

 

ラージメスティンを使って美味しいお米を食べよう!

f:id:niwatori-napi:20190609132031p:plain



以上、ラージメスティンを使った炊飯方法のご紹介でした!ソロキャンならノーマルサイズメスティンでも大丈夫だと思いますが、普段のキャンプ形態がデュオ以上ならラージサイズの方が使い勝手は間違いなく高いと思います。 

 

ぜひ、ラージメスティンを使って美味しいほかほかご飯を堪能してください♪

 

ご精読ありがとうございました。